ぷっ。ぷっ。ぷっ。よく文句を言うリス ぷぃぷぃの生活記録
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
page top
通院履歴:多飲と尿検査
多飲と尿検査記録。

2008/03/01:最近水を多飲する状況をお話後、尿検査へ…ちっこ提出。

2008/03/15:要再検査。
結果:尿の比重が軽い(薄い)のが気になる。
   再検査の結果次第で他の治療が必要になるかも。
検査1回目(2008/03/01)
pH:7
白血球:(-)
細菌:(-)
蛋白質:(-)
ブドウ糖:(-)
ケトン体:(-)
ウロビリノーゲン:(-)
ビリルビン:(-)
潜血(赤血球/Hb):(-)
比重:1.005
沈さ
 結晶:
 赤血球・細胞:無核上皮(2+)・有核上皮(+)

2008/03/19:ちっこ提出。

2008/03/24:要再検査。
結果:尿酸が強いのが気になる、食事療法での改善をはかる。
検査2回目(2008/03/19)
pH:5~6
白血球:(-)
細菌:(-)
蛋白質:(-)
ブドウ糖:(-)
ケトン体:(-)
ウロビリノーゲン:(-)
ビリルビン:(-)
潜血(赤血球/Hb):(-)
比重:1.028
沈さ
 結晶:
 赤血球・細胞:無核上皮(+)

2008/04/04:体重が微妙に減少。ちっこ検査キット貰いに行く。

2008/04/07:ちっこ提出。飲水制限後、要塞検査。
結果:尿比重が水並み。水の飲み過ぎ、水分の摂取を野菜等で代用。
検査3回目(2008/04/07)
pH:6
白血球:(-)
細菌:(±)
蛋白質:(-)
ブドウ糖:(-)
ケトン体:(-)
ウロビリノーゲン:(-)
ビリルビン:(-)
潜血(赤血球/Hb):(-)
比重:1.006
沈さ
 結晶:
 赤血球・細胞:無核上皮(+)

2008/04/14:検査キット貰いに。飲水制限について、オヤツとの抗争。

2008/04/15:ちっこ提出。

2008/04/17:2週間程様子見、再度尿検査。
結果:朝一のちっこは、正常値の範囲。
   日中の尿比重が正常に戻れば心配が無くなる。
検査4回目(2008/04/15)
pH:9
白血球:(-)
細菌:(-)
蛋白質:(-)
ブドウ糖:(-)
ケトン体:(-)
ウロビリノーゲン:(-)
ビリルビン:(-)
潜血(赤血球/Hb):(-)
比重:1.014
沈さ
 結晶:
 赤血球・細胞:粘液系

2008/04/28:ちっこ提出&検査
結果:尿比重が重くなってるので、腎臓は機能している模様。
検査5回目(2008/04/28)
pH:8
白血球:(-)
細菌:(-)
蛋白質:(-)
ブドウ糖:(-)
ケトン体:(-)
ウロビリノーゲン:(-)
ビリルビン:(-)
潜血(赤血球/Hb):(-)
比重:1.017
沈さ
 結晶:ストラバイト(2+)・シュウ酸Ca(2+)
 赤血球・細胞:粘液系

2008/05/10:診察。
結果:お腹、リンパの張りもないので、現状維持のまま様子見とちっこ検査。

2008/07/07:ちっこ提出。*日記には記載無し。

2008/07/10:ちっこ検査
結果:尿比重水並み。野菜果物等で水分補給出来る様にして夏乗り切る。
検査6回目(2008/07/07)
pH:6~7
白血球:(-)
細菌:(-)
蛋白質:(-)
ブドウ糖:(-)
ケトン体:(-)
ウロビリノーゲン:(-)
ビリルビン:(-)
潜血(赤血球/Hb):(-)
比重:1.007
沈さ
 結晶:
 赤血球・細胞:無核上皮(+)

2008/07/30:ちっこ提出&検査&触診。
結果:尿比重正常範囲内に。この状態を維持出来ればベスト。
   ぷったんの触診の状態では異常なし。
検査7回目(2008/07/30)
pH:7
白血球:(-)
細菌:(-)
蛋白質:(-)
ブドウ糖:(-)
ケトン体:(-)
ウロビリノーゲン:(-)
ビリルビン:(-)
潜血(赤血球/Hb):(-)
比重:1.021
沈さ
 結晶:
 赤血球・細胞:無核上皮(+)

2008/10/23:ちっこキット&検査記録GET

2008/10/24:ちっこ提出。

2008/10/25:診察と結果。
結果:尿比重水並み。冬に向けての食事に気をつける事色々。
検査8回目(2008/10/24)
pH:5~6
白血球:(-)
細菌:(-)
蛋白質:(-)
ブドウ糖:(-)
ケトン体:(-)
ウロビリノーゲン:(-)
ビリルビン:(-)
潜血(赤血球/Hb):(-)
比重:1.004
沈さ
 結晶:
 赤血球・細胞:無核上皮(+)

2008/12/18:診察と結果。
結果:尿比重、他 正常値。冬場で、ちっこの回数も減っているのと、
   代謝も落ちている事もあって、今ちっこは濃縮されて正常値で心配は無いので、
   また、春頃に尿検査してみましょうとの事。
検査8回目(2008/12/18)
pH:6
白血球:(-)
細菌:(-)
蛋白質:(-)
ブドウ糖:(-)
ケトン体:(-)
ウロビリノーゲン:(-)
ビリルビン:(-)
潜血(赤血球/Hb):(-)
比重:1.022
沈さ
 結晶:
 赤血球・細胞:無核上皮(+)

2009/04/09:春頃にまたチッコ検査という事だったので、チッコ採り。
結果:前回の検査時より、有核細胞が多く出ているので気になる
   細菌は検出されなかったので、炎症は起こしてないのでその点は安心。
   今回も尿比重がうすいけど、2回目のチッコなので仕方が無い。
   前々回と比重が重いチッコがちゃんと検出されているので、
   それ程尿比重は気にしなくても大丈夫。
再検:細胞が多いので、
   今回と同じ条件で1回目の2回目のチッコの結果を見比べて、
   細胞と比重のチェックと今後の治療方針を決めましょうとの事。
検査9回目(2009/04/09)
pH:6~7
白血球:(-)
細菌:(-)
蛋白質:(-)
ブドウ糖:(-)
ケトン体:(-)
ウロビリノーゲン:(-)
ビリルビン:(-)
潜血(赤血球/Hb):(-)
比重:1.003
沈さ
 結晶:(-)
 赤血球・細胞:無核上皮(+) 有核{円形・不定形}上皮(+)

2009/04/25:朝一チッコ、朝二チッコ提出。

2009/04/28:チッコ検査電話で聞く。
結果:尿比重の方は問題なし。
   尿結石が少々でているが、ぷったんがチッコをしている時渋ってる様子や、
   痛がってる様子も無い。
   シマリスの尿は中性~アルカリに傾くケがあるそうで、
   それほど今の所は問題は無い様。
検査10回目(2009年4月25日2回)
AM 7:30
pH:6~7
白血球:(-)
細菌:(-)
蛋白質:(-)
ブドウ糖:(-)
ケトン体:(-)
ウロビリノーゲン:(-)
ビリルビン:(-)
潜血(赤血球/Hb):(-)
比重:1.028
沈さ
 結晶:ストラバイト(リン酸マグネシウム)全視野4個
 赤血球・細胞:無核上皮(+)

AM 10:00
pH:6~8
白血球:(-)
細菌:(-)
蛋白質:(-)
ブドウ糖:(-)
ケトン体:(-)
ウロビリノーゲン:(-)
ビリルビン:(-)
潜血(赤血球/Hb):(-)
比重:1.020
沈さ
 結晶:ストラバイト(リン酸マグネシウム)
     AM 7:30より小さいが、数は多い
     無晶性リン酸塩(+)
 赤血球・細胞:無核上皮(+)

2009/08/17:朝一チッコゲット(チッコ的には3回目)、病院へ。明日診察。

2009/08/18:チッコ検査と診察
結果:尿比重1.012で出ているから大丈夫でしょう。との事。
   これで、一応チッコ検査は終了。
   ただし、お水の量を調整してコノ比重なので、
   この先もお水の量を調節してあげる事が大切。
検査11回目(2008/08/18)
pH:7~8
白血球:(-)
細菌:(-)
蛋白質:(-)
ブドウ糖:(-)
ケトン体:(-)
ウロビリノーゲン:(-)
ビリルビン:(-)
潜血(赤血球/Hb):(-)
比重:1.012
沈さ
 結晶:無晶性の塩?
 赤血球・細胞:無核上皮少々
web拍手 by FC2

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ぷっぷ・ぷ~♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。