ぷっ。ぷっ。ぷっ。よく文句を言うリス ぷぃぷぃの生活記録
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
page top
通院履歴:鼻炎
鼻炎治療記録。

2007/06/26:クシャミ頻発、初病院へ。
治療:吸引処置と、免疫力を高める飲み薬を様子見。

2007/07/05:病院で吸引処置
治療:まだ、クシャミをしているので、抗生物質も貰う。

2007/07/21:病院で吸引処置
治療:抗生物質弱いものに切り替え。

2007/07/31:病院で吸引処置
治療:免疫力を高める薬のみ。

2007/08/07:病院で吸引処置
治療:抗生物質弱い物を処方。

2007/08/20:病院で吸引処置
治療:抗生物質から、アレルギーを抑える薬に。

2007/09/06:診察のみ、鼻、肺からの異常音無くなる。
治療:免疫力を高める薬のみ。

2008/02/04:クシャミ再発、病院へ。
治療:肺&鼻からの異常音無し。免疫力を高める薬のみ貰って様子見。

2008/03/01:鼻炎完治
治療:一応免疫力を高めるオクスは出してもらう。

2008/03/01:水飲み過ぎの件を報告&尿検査の世界へ~

シマリスは(特に幼少)鼻炎から肺炎になりやすいので、
クシャミ、鼻水、目やにに注意。
顔を良く洗う時にクシャミをしていたら、鼻風邪(鼻炎)を疑った方が良い。
鼻水が見えなくても、顔を洗っている時=鼻を拭っているので、
ぱっと見解らない事が多い。
クシャミをほったらかしにしていると、運良く風邪が悪化せずに肺炎にならなくても
慢性鼻炎になってしまう恐れ有り。

鼻炎、気管支炎、肺炎 とシマリスがなりやすいので、
特に気管支炎、肺炎は命に関わるので、早期発見早期治療、
適切なご飯(栄養)を与えて自己の免疫力の回復をUPさせる事が重要。

病気の症状等、人と同じですね。
小動物の病気は早期発見が大切なので、
これはおかしいと思ったら、病院で見てもらう事が重要です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

クシャミのムービー。
カメラをカシッっと引っ掻いた後に、
クシャミをしています。
まだ、聞いた事がない人や検索で飛んで来る人が居た時の
参考にどうぞ。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


病院で処方されていた免疫力を高めるお薬とは、

☆エキナシアプラス☆
ー細菌から身を守り、免疫力を高めるためのハーブです。ー
 を、30mlのお水に10滴入れて水代わりに飲ませています。

現在通院等している場合で使用する際は、
獣医さんと病状を相談して使用するのがベストだと思います。

詳しい詳細は以下の輸入、販売元の所を参照にして下さい。
株式会社ノラ・コーポレーション
web拍手 by FC2

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© ぷっぷ・ぷ~♪. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。